畳の機能

いぐさ・畳の優れた機能が、見直されています。

い草の断面は、スポンジ状にになっていてたくさんの空気を含んでいます。

特徴1
■弾力性・断熱性・保温性
畳表はいぐさで編まれたものです。いぐさの断面を見ると、スポンジ状になっていて、多くの空気を含んでいます。いぐさも、ワラ畳床も、中の空気がほどよい弾力性と断熱の働きがあるので、転んでも安全です。

特徴2
■湿気の調節機能
いぐさのスポンジ状の部分や畳床には、水分を自然に吸湿する能力があり、空気が乾燥すると反対に放湿する調湿機能を持っています。乾燥すると水を飲みたくなるのと同じかも知れません。

特徴3
■空気の浄化作用
いぐさのスポンジ状の部分には、二酸化窒素や有害な化学物質を吸収する能力があるので、いつも快適です。

特徴4
■吸音効果
空気をたくさん含んでいる畳は、ショックを柔らげる力の他に、音や振動を吸収する働きがあります。だから、元気に遊んでも大丈夫です。


熊本県い業生産販売振興協会
〒866-0043 熊本県八代市古城町2690 TEL0965-35-3899 FAX0965-35-5780