畳表が出きるまで

人と自然の共生、最高級をつくる生産者の熱い力

苗堀り
8月に畑(苗床)に植え付けられた苗を掘り出して、水田苗床へ植付けして苗を育てます。

植え付け
12月上旬から植え付けが始まります。

先刈り
5月上旬ごろ、いぐさの先端を刈り払って、新芽の発芽を良くします。

収穫
6月下旬から7月中旬にかけて、刈り取りをします。

泥染め
刈り取ったいぐさ独特の、色や香り、光沢を出すために、天然染土を使って泥染めをします。その後、乾燥機で乾燥させます。

製織
いぐさを長さごとに選別して、畳表に織り上げます。

仕上げ
織り上げた畳表の傷等をチェックして仕上げます。

出荷
製品のランクごとに分けられて、全国に出荷されます。


熊本県い業生産販売振興協会
〒869-4703 熊本県八代市千丁町新牟田322-3 TEL0965-37-8810 FAX0965-46-1762